軍資金をネットで稼ぎ、競馬で夢を追うそんなサラリーマンの日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊花賞 過去のデータから見る傾向

今回は菊花賞のデータを見ていきたいと思います。

菊花賞は3歳クラシックの最終戦です。
近年は人気薄が好走し、波乱の多いレースとなっています。

菊花賞は過去10年のデータを見ていきます。


・人気データ
1番人気 (2-0-2-6)
2番人気 (1-1-0-8)
3番人気 (0-1-4-5)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (1-2-3-4)
7~9人 (3-1-1-25)
10人以下(1-3-0-81)


人気薄がかなり好走していて波乱傾向なレース。
人気馬同士の堅い決着は稀で、6番人気以下が15頭も
馬券になっています。


・所属データ
美浦(1-4-1-41) 2.2% 6.7% 8.9%
栗東(9-8-9-103) 7.0% 13.2% 20.2%


やはり、関西馬が優勢です。

関東馬は
1~3番人気(0-1-1-5)
4~6番人気(1-1-0-5)
7番人気以下(0-0-0-31)

勝った1頭は2001年6番人気だったマンハッタンカフェのみ。

×関東馬で7番人気以下(0-0-0-31)



・枠データ
1枠(2-2-2-13)
2枠(1-1-2-16)
3枠(0-2-2-16)
4枠(2-1-0-17)
5枠(1-0-1-18)
6枠(0-2-1-17)
7枠(2-2-1-23)
8枠(2-0-1-25)


・馬番データ
1番 (1-1-2-6)
2番 (2-1-0-7)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-0-2-8)
5番 (0-1-2-7)
6番 (0-1-0-9)
7番 (1-1-0-8)
8番 (1-0-1-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(1-1-0-8)
11番(0-0-0-10)
12番(0-1-1-8)
13番(0-2-0-8)
14番(1-0-1-8)
15番(1-0-0-9)
16番(0-0-0-9)
17番(0-0-1-7)
18番(2-0-0-6)


・脚質データ
逃げ(0-1-1-9)
先行(5-2-5-23)
差し(4-6-3-64)
追込(0-1-1-47)
マクリ(1-0-0-1)


向う正面3コーナー寄り付近からスタートし、外回りを使用するコース。
スタート後、3コーナーの坂を登る。また、長距離戦であることから
先行争いは激しくならない。
枠による有利不利はないと見て良さそう。

長丁場なので、折り合いに専念する馬がほとんど。
下り坂からスピードUPし、上がりの競馬になるので、キレとスタミナ
兼備の馬が活躍、脚質は先行・差し。
逃げや追込みの極端な脚質の馬は、展開の助けが必要。



・前走データ
重賞(8-9-10-94)
├神戸新聞杯(7-4-8-50)
├セントライト記念(1-3-1-33)
└札幌記念(0-1-0-2)

OP特別(0-0-0-3)
1600万下(0-0-0-7)
1000万下(2-1-0-36)
500万下(0-0-0-4)


・前走着順別データ
前走オープン
1着  (1-1-2-10)
2着  (1-2-0-16)
3着  (3-2-3-11)
4着  (1-1-0-15)
5着  (1-1-1-4)
6~9着(1-0-4-24)
10以下(0-2-0-17)

前走条件戦
1着  (2-0-0-28)
2着  (0-0-0-5)
3着  (0-1-0-6)
4着  (0-0-0-1)
5着  (0-0-0-2)
6~9着(0-0-0-4)
10以下(0-0-0-2)


・前走人気別データ
前走オープン
1番人気 (2-1-2-13)
2番人気 (1-1-3-8)
3番人気 (1-2-0-12)
4番人気 (1-0-1-9)
5番人気 (1-1-1-7)
6~9人 (2-2-3-33)
10人以下(0-2-0-15)

前走条件戦
1番人気 (1-0-0-12)
2番人気 (0-0-0-11)
3番人気 (1-0-0-6)
4番人気 (0-0-0-6)
5番人気 (0-0-0-4)
6~9人 (0-0-0-8)
10人以下(0-1-0-1)



前走は神戸新聞杯からのステップが良い成績を残しています。
好走した馬はもちろんですが、負けていた馬にも注目。
人気薄でも激走する可能性があります。

神戸新聞杯で6着以下負けていた馬は、最低でも1000万条件勝ち
または、重賞連対がある馬が良い傾向です。


セントライト記念は神戸新聞杯に比べると割引き。
好走した5頭は
2000年2着トーホウシデン
2001年1着マンハッタンカフェ
2004年2着ホオキパウェーブ
2007年3着ロックドゥカンブ
2009年2着フォゲッタブル

フォゲッタブルは以外は、前走セントライト記念で
3番人気以内に支持されていました。
フォゲッタブルは、前走7番人気でしたが3着。
人気薄だった場合は、好走馬。


他のローテからはあまり期待できませんが、1000万条件好走馬で
長距離適性の高い馬。
2004年1着デルタブルース、2001年2着のマイネルデスポットには
2500m勝ちがありましたね。

また、古馬との重賞だった馬も期待できそうです。
2002年2着ファストタテヤマ(前走札幌記念)、2007年2着アルナスライン
(前走京都大賞典)などが好走しています。


△前走10着以下(0-2-0-19)
△前走10番人気以下(0-2-0-15)



・前走距離データ
1800m以下(1-0-0-21) 4.5% 4.5% 4.5%
2000m(5-4-7-53) 7.2% 13.0% 23.2%
2200m(1-3-1-37) 2.4% 9.5% 11.9%
2400m(2-3-2-27) 5.9% 14.7% 20.6%
2500m以上(1-0-0-4) 20.0% 20.0% 20.0%


前走1800m以下で勝ったのは、昨年のスリーロールスのみ。

△前走1800m以下(1-0-0-21)



・前走馬場データ
前走芝(10-10-10-136)
前走ダート(0-0-0-9)


前走はやっぱり芝がいいね。

△前走ダート(0-0-0-9)



・間隔データ
連闘(0-0-0-1)
中1週(0-2-0-16)
中2週(1-0-0-15)
中3週(8-4-8-58)
中4週~中8週(1-4-2-50)
中9週~半年(0-0-0-5)
半年以上(0-0-0-0)


中3週~中8週が中心。
間隔が詰まっている馬は苦戦傾向。

△中1週以内(0-2-0-17)


[菊花賞データまとめ]
×関東馬で7番人気以下
(0-0-0-31)
△前走10着以下
(0-2-0-19)
△前走10番人気以下
(0-2-0-15)
△前走1800m以下
(1-0-0-21)
△前走ダート
(0-0-0-9)
△中1週以内
(0-2-0-17)


2001年マンハッタンカフェ以降、勝ち馬が出ていないセントライト記念
ローテよりは、神戸新聞杯もしくは、古馬との重賞を使ってきた馬
が良さそうです。


神戸新聞杯は2007年以降、2400mに変更され、関連性が多少強まりましたね。
特に、神戸新聞杯で0.1秒差以内に惜敗した馬に注目。
この3年のうち、該当馬が2頭いて、2頭とも勝っています。

2008年1着オウケンブルースリ(前走神戸新聞杯3着0.1差)
2007年1着アサクサキングス (前走神戸新聞杯2着0.1差)

今年はエイシンフラッシュが該当していましたが、残念ながら回避になってしまいましたね。

菊花賞のデータは以上になります。

今回は菊花賞をメインに分析していきます。
時間があれば富士ステークスもやりたいと思いますが。
プロフィール

ともや

Author:ともや
FC2ブログへようこそ!

参加ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ人気ブログランキングへ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AD


競馬情報サイト
スポンサー広告

フリーエリア
ブログのためのアフィリエイト
フリーエリア
QRコード
QR
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。