軍資金をネットで稼ぎ、競馬で夢を追うそんなサラリーマンの日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第24回セントウルステークス(GII)・第55回京成杯オータムハンデキャップ(GIII)回顧

相変わらず帰りが遅いためこんな時間になってしまいましたが、昨日のレースの結果を。

さて、秋競馬に変わっても両レースとも相変わらずの惨敗という結果。
京成杯オータムハンデの方はまだ1頭抜けという結果だけにそこまでずれた予想ではなかったですが、外れは外れですね。

それでは簡単ですが回顧を。

まずセントウルステークスは予想通り本命に推したケイティラブがハナをとる展開でした。差をあまり離さずゆったり目のラップでの逃げで直線に向かいましたが、ラスト100m辺りで完全に脚が止まってしまいましたね。1200Mではちょっと長いという感じですかね。見せ場は作れましたし、最後100Mぐらいまでは夢も見せてもらいました。
ダッシャーゴーゴーは今日は前目での競馬でうまく抜け出した感じでした。素質はありますし今後が楽しみな馬です。
しかし、今回一番目を引いたのはグリーンバーディーですね。4コーナーから直線で前が邪魔になり一度下げているにもかかわらず馬群を割って猛烈な勢いで突っ込んできての2着。ダッシャーゴーゴーより4キロ重い59キロを背負ってあの競馬ですから本番のスプリンターズステークスではかなり有力な1頭になりそうな感じです。

京成杯オータムハンデはキョウエイストームを完全に軽視していたのが敗因ですね。中山巧者というのはわかっていましたし、入れとくべきだったと思うのですが、血統的に前半が早い前傾ラップだと最後の脚は残らないと読み消しました。まぁ、そういいつつ似たような感じのキョウエイアシュラを本命にしているのだから支離滅裂だったりします。どうせならキョウエイ2頭とも入れとくべきだったと反省です。
まぁ、最後の叩きあいは見ごたえありましたし、粘りきったファイアーフロートはすごかったですね。

さて、秋競馬最初の土日が終わりまたもや負け越しスタートという結果です。
まだ始まったばかりですし、これから取り戻せるようにもっと深く分析を加えていきます。


投資  40000円
回収     0円
収支 ▲40000円



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:ともや
FC2ブログへようこそ!

参加ランキング
にほんブログ村 競馬ブログへ人気ブログランキングへ
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター
現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

AD


競馬情報サイト
スポンサー広告

フリーエリア
ブログのためのアフィリエイト
フリーエリア
QRコード
QR
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。